忍者ブログ
COFFEE & GALLERY SALON " you " COFFEE ROASTER " in " 自家焙煎珈琲店 国分寺(陽)&青梅(陰) Since 2006
[548]  [547]  [546]  [545]  [544]  [543]  [542]  [541]  [540]  [539]  [538









「ねじまき雲さんのためのページを空けて待っていてもよろしいでしょうか?」






「ねじまき雲」が、どん底でもがき
孤独の闇の中
本来ポットを持つ右手を、金槌と、コテに、
本来珈琲粉で黒く汚れるべき服を、木屑と漆喰粉に白くまみれ
まだ見えぬ希望だけを信じ、

ひたすらに、ひたすらに

光指すほうへ、

不確実の波間に舵をとっていた、

海のものとも山のものともつかぬ何者かだった時。

そんな時に届いた一通のメール。

胸に届いたのは

再起を誓う力をくれる、希望だった。


信じて待ってくれる人がいる。それは私たちにとって


光りの灯台。




その人はいつも、細心の注意と、砕身の気概と、最深の愛情と厳しさをもって

カフェとともに歩んでくれる。そんな、海のような人。



2012年12月12日、無事に「ねじまき雲」は

その方の御本に載せていただくことが出来た。


『東京カフェ散歩 観光と日常』


川口葉子氏著 http://homepage3.nifty.com/cafemania/




その始まりのページには
いかにして、氏がカフェを愛するひとつの海となったかを
読み取ることができるでしょう。



「ねじまき雲」は本の帯に。

「有り難うございます。」とお伝えすると

「あれは誰がなんとおっしゃろうとも、帯ではございません。
表紙帯、と勝手に呼びならわしているもので、デザイナーさんも私もあの状態を本の顔
、つまり表紙と考えているのです。」

とのお返事が。


「ねじまき雲」が、初の表紙!!を飾った書籍となりました。

表紙は、中表紙も合わせ何枚もの顔があります。

それだけ、
ミルフィーユのように、川口葉子氏の
カフェへの想いが重なりにじみ出た一冊なのです。


304ページ分の希望がつまった一冊を
ポケットに忍ばせて。

観光という日常に、日常のなかの観光に、

旅をしてみてはいかがでしょうか?



「ねじまき雲」は、陽の光と、闇の陰とを得ましたが、


いまだ、底。


まだひとつの珈琲店の新章も、


始まったばかり。


さぁ、今日も、

信じてくれる誰かの想いに恥じぬよう、

己の信じた道を、突き進もう。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
c a l e n d a r
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
p r o f i l e
HN:
ネジ
年齢:
40
HP:
性別:
男性
誕生日:
1977/03/05
職業:
自家焙煎珈琲店
趣味:
写真・自転車
自己紹介:
nejimakigumoをフォローしましょう
ブログ内検索
c o u n t
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]