忍者ブログ
COFFEE & GALLERY SALON " you " COFFEE ROASTER " in " 自家焙煎珈琲店 国分寺(陽)&青梅(陰) Since 2006
[40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30


11月某日沖縄本島北部


泊まりは「島ぞうり」さんへ。


こちらの宿は壁面に可愛いイラストが各棟に描いてあり
なんともアーティスティック。

やはりこちらの内装も
ご主人が手作りされていて
素敵な感じに仕上がっています。

沖縄の人って
なんでも手作りしちゃうんですネ。

ご主人は、絵に描いたように沖縄の食卓っぽく
オリオンビールを片手に

「お金がないことはイイことサ。
なんでも自分で考え作るからぬくもりがでるヨ。」

と、楽しそうにお話してくれました。

なんとこちらでは珈琲農園もあり、
旅の事情を話すと特別にコーヒーをご馳走していただきました。

珈琲は奥様が土鍋で焙煎。
もちろん独学。

「あまり今年のは出来が良くないのヨ。」
と言いながら出てきた珈琲は

非常に甘く、浅煎りのブルーマウンテンに似た
柔かい良酸を湛えた、まろやかな味わい。

「こ、これで出来が悪いんですかぁ・・・・」
出来がイイ時はどんだけ美味いんだろう?と
少し脅威を感じてしまう。

おそらく豆が良質なこともさることながら
奥様の独学焙煎の感性が功を奏しているのでしょう。

蓋付きの土鍋で焙煎することで
遠赤外線効果を発揮しているようで、
焙煎手順をお聞きすると
全てが的を得ているものでした。

知識やウンチクも時には大切ですが、
やはり一から作物を育てて、
愛情をもって調理すると
プロも素人も関係なく
感性で美味しいものが出来ちゃうんですネ。

「珈琲も畑も民宿も大変だけど
好きだから出来るのヨ。」
と、微笑みながらおっしゃる奥様の珈琲には、
肩の力が抜けながらも、説得力のある
甘い後味が、ずっと心地よく口の中に残っておりました。

夕食は

おじいちゃんと息子さんが釣ってくれた
地元の魚を揚げたもの

モズク汁

酢の物

パパイヤの煮付け

ウムニー(芋を蒸して砂糖とバターで味付けした甘いお菓子)

泡盛


明日は珈琲農園に連れて行っていただけることになりました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
c a l e n d a r
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 5 6
7 9 10 11 12 13
14 15 16 18 20
21 22 23 24 25 26 27
29 30 31
p r o f i l e
HN:
ネジ
年齢:
40
HP:
性別:
男性
誕生日:
1977/03/05
職業:
自家焙煎珈琲店
趣味:
写真・自転車
自己紹介:
nejimakigumoをフォローしましょう
ブログ内検索
c o u n t
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]