忍者ブログ
COFFEE & GALLERY SALON " you " COFFEE ROASTER " in " 自家焙煎珈琲店 国分寺(陽)&青梅(陰) Since 2006
[940]  [939]  [938]  [937]  [936]  [935]  [934]  [933]  [931]  [928]  [930
AO

 

 


まっしろな暖簾布が気持ちよさそうに風に揺らいでいた。




 
もう去年の初夏のことだったろうか。
そこそこ汗をかいた記憶がある。

私は埼玉県飯能に至る山道を走っていた。
国分寺から青梅を中継して自転車で行くと、まあまあ距離がある。

東飯能、ひと気のない山間の町の外れに
その建物は遠くからでもポツリと青い絵具を落としたように
控えめな存在感を漂わせていた。



 
素敵な人間ドラマが展開する映画のセットみたいだ。




「そば舎 あお」

中からは仕込みにセッセと立ち動く人の気配がする。
随分開店前に着いたのだけど、次々車に乗った客がやって来る。

正直旅をしてまで行くほどの蕎麦狂いではないのだが、
それでもここへ来たかったのにはわけがある。

この「あお」の店主さんの女性には、
以前彼女が古道具屋で店長をしていた時代
ねじまき雲両店の什器などで世話になっていて、
青梅のお店にもよくお越しいただいていた。

さらには雪で壊れたねじまき雲青梅店の屋根修理をトタン屋に頼んだら
偶然そのトタン屋に、古道具屋を辞めた直後の彼女が働いており
修繕くださったという、ご縁深き恩人である。

2016年開業なさっているので、足を運ぶのに一年以上が経ってしまった。
ここ数年はお世話になった方々の開店祝いにもなかなか駆けつけられず
非常に不義理をしてしまっている。皆さんごめんなさい。


 
とてもシンプルなおしながき。





私が訪ねた2017年当時は蕎麦が売り切れたら、蕎麦はお終いだが、
カフェ営業もなさっていた。

お祝いにと遅ればせながらオリジナルでお作りしたパッケージデザインの
珈琲豆をプレゼントしたら飾ってくださった。
ありがとう。




付け合わせの品々も心づくしでとても旨い。
自転車なので、酒が呑めないのがなんとも悔しい。

店主Sさんは、さっぱりとした性格。
気はかなり利くけど、必要以上に神経質にはしない。
細やかさと同時に相手を畏まらせたり不安にさせないザックリ感も
持ち合わせている。
会話も、投げた球はすぐにど真ん中ストレートで打ち返してくれるのだ。

このお店の空気感にはSさんのそれがとても良く滲み出ているように
思う。隅々に気持ちが良い風が吹き抜けるような風通しの良さだ。
建物も厨房も、システムも飲食も、心地が良い。




辛味大根のお蕎麦。



 
蕎麦狂いではない私も狂えるくらい旨い蕎麦。
鼻腔から抜ける爽やかなあおい蕎麦の香り。
滑らかに歯ごたえのよいそばはSさんそのもの。

辛味大根を頼んだのだが、今まで食べていた辛味大根はなんだったんだと
思うほど、辛味だけではなく芳醇な甘みを感じる。
それが蕎麦を殺さないのだ。





おかわりしてしまいました。

透き通り風はらむ薄あおく光るそばを
しつこくない甘みとコク深いが濃くはなく厚みのある
そばつゆにチョッとつけていただく。

珈琲も、こんな汁でありたいものだ。


いい時間を得ました。



 
彼女のセンスが光る店内。



写真はお願いして撮らせていただいた。
一言あると互いの気持ちも通るものです。


 
ご馳走様でした。

私が一番好きな色、青。

いい名のお店だ。

そばにあれば、もっと蕎麦を食べにいけるのだが、
そばにないからこそ、苦労してでも食べに行きたくなる
そんなそばらしいお店。いや素晴らしいお店。

それが

あお

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「そば舎 あお」

〒375-0015
埼玉県飯能市小久保275-4

042-978-9759


午前11時~そばがなくなり次第終了。

定休日 火・水


*変更があるかもしれませんので、
詳細は充分ご確認のうえ足をお運びください。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
c a l e n d a r
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
p r o f i l e
HN:
ネジ
年齢:
41
HP:
性別:
男性
誕生日:
1977/03/05
職業:
自家焙煎珈琲店
趣味:
写真・自転車
自己紹介:
ブログ内検索
c o u n t
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]