忍者ブログ
COFFEE & GALLERY SALON " you " COFFEE ROASTER " in " 自家焙煎珈琲店 国分寺(陽)&青梅(陰) Since 2006
[461]  [460]  [459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451




きのこ いも くり なす かぼちゃ


もみじ  いちょうに  きんもくせい



秋、赤、黄色と色づく恋。


珈琲も赤く色づく季節。

トコロカフェさん合同企画トコロブレンド「サマー」もいよいよ
あと数袋で終わりです。

そして、限定秋味、「オータム」がやってきます。


今回、私から提案した方向は、酸味。

トコロカフェさんからのお題は、芋栗。


芋や栗のような甘い飲み口と、鼻に通りすぎるキンモクセイのよな香り


せつなく残る恋の淡い酸味が、早足に過ぎ行く秋のブレンドの完成です。


10・15(土)販売開始。
10・12(水)昼、初回予約締め切り*特典あり


エチオピア イルガチェフェ G-2 有機栽培 30%

エルサルバドル サンタテレサ パカマラ温泉 有機栽培 熱帯雨林同盟 70%


150g    ¥1300



今回は、いつもの素描家「しゅんしゅん」さんのオータム版小冊子、
「葉田いづみ」さんデザインのパッケージに加え、
*ご予約者様限定で、芋けんぴの「flip-flopと」さんhttp://flipflop-to.blogspot.com/が加わりました。


何故、トコロカフェさんからのお題が芋栗だったか、
それはこの芋けんぴを開発し、
密かにトコロブレンドオータムにプレゼントとして添えるためのものだったのです。

毎回、作戦をたてて、お客さまを喜ばせてくださいますね。
それにしてもヒトツの珈琲豆にこれだけの人と手間を関わらせるとは・・・つくづく儲からないことを(笑)。
でもお金儲けだけでは、システマチックで大きなイベント的生き方では
伝わらないこと、切り開けない道や、人間らしい物創りというものが、
150gには毎回詰まっているのです。ただ、その糊しろがこの企画では珈琲だったというだけ。
この理念は、どんな生き方にも当てはまるのです。 
まっとうなモノ作りってやつは、生き方そのもので、生を楽しむことで産まれるものこそが、
一番重要なんじゃないかなって、思うんです。

そして、今回もひとつの「芋けんぴ」という生き方を見い出した若者の、
彼自身の足で踏み出す本当の一歩が、トコロブレンドオータムに加わりました。
50gの楽しさが詰まった贈り物が150gに結実するプラスアルファ。
200gのドラマチックをご自宅で。


ご予約の詳細、お申し込み方法は「tocorocafe」までhttp://www.tocoro-cafe.com/nikki.html




珈琲豆お引き取り期間: 芋けんぴの風味保持を考慮し、
                トコロカフェさんへ
                10・15(土)~10・19(水)までに足をお運びください。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
c a l e n d a r
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
p r o f i l e
HN:
ネジ
年齢:
40
HP:
性別:
男性
誕生日:
1977/03/05
職業:
自家焙煎珈琲店
趣味:
写真・自転車
自己紹介:
nejimakigumoをフォローしましょう
ブログ内検索
c o u n t
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]