忍者ブログ
COFFEE & GALLERY SALON " you " COFFEE ROASTER " in " 自家焙煎珈琲店 国分寺(陽)&青梅(陰) Since 2006
[532]  [531]  [530]  [529]  [528]  [527]  [526]  [525]  [524]  [523]  [522





海女が獲れたての牡蠣を、男に渡す。

男がその牡蠣を、食べる。


それだけ。


それだけなのに。それだけなのに!大人って!




幼いころ、「タンポポ」という邦画を見て、

私は大好きな牡蠣と生卵がしばらく食べられなくなった。

この邦画。
平たく言うと、ラーメン屋建て直し映画。
食道楽にはたまらない映画だったろうと、大人になった今は思うのだが。

子供ながらにその圧倒的映像に、目を背けたくも釘付けになった記憶がある。


生卵を口移しし合う男女。

旨そうに黄金のベールをハラリと纏うオムライス。

夜中の厨房に忍び込むホームレス。

飛んで顔にピタッと張り付くナルト・・・

みたいなシーンもあったような。


この映画にはラーメン以外に、
食材や料理に関する支離滅裂な短編が、
小噺みたいに織り込まれていたように記憶している。

その一編に、件の牡蠣のシーンがある。


まだ幼さの残る海女が、真っ白な服を着たアイシャドウやくざ(たしか役所広司)に
獲れたての牡蠣を渡す。
男が食べ損ない牡蠣の殻で口を切ってしまい、その血を海女が接吻のように舐めとるような
お話しだった。

もう20年くらい前の話しなので、うろ覚えではあるものの
このシーンは当時の私には理解の出来えないセンセーショナルなものだった。
非常に短いシーンながらも、その中に内包された長い意味あいのような、
言い知れぬ食とエロスのようなものを
幼いながら感じとっていたのだろう。

生牡蠣にレモンとケチャップをかけて食べるのが好きだった私は
それからしばらく牡蠣を食べることが出来なくなったのは、言うまでもない。
きっとそういう経験をした、当時子供だった人は多いのではないだろうか?



しかし、20年もの間記憶に鮮明な映像が残るとは、
改めてこの文章を書き記していて驚きである。


また大人になった視点で、もう一度この映画をじっくり見てみたくなった。

映画ってホント、いいもんですね。



と、まぁなんと長い前ふりですが(苦笑)、、、、


今月の「ネジ・テンポ・ボーラ」

ピザと珈琲の会は、

10・10(水)20:00~24:00 LO23:30

です。


*ねじまき雲昼の部(予約制)は17:00まで



お題は秋の味覚    牡蠣 。



大人な夜は、
ふっくらと焼けたピザ。
つややかにオリーブオイルをまとった海のミルクではじまり、
夜を閉じ込めた
珈琲でしめる。


その後、潰れかけのラーメン屋でしめるも、良し。かもしれませんね(笑)。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
c a l e n d a r
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
p r o f i l e
HN:
ネジ
年齢:
40
HP:
性別:
男性
誕生日:
1977/03/05
職業:
自家焙煎珈琲店
趣味:
写真・自転車
自己紹介:
nejimakigumoをフォローしましょう
ブログ内検索
c o u n t
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]