忍者ブログ
COFFEE & GALLERY SALON " you " COFFEE ROASTER " in " 自家焙煎珈琲店 国分寺(陽)&青梅(陰) Since 2006
[973]  [972]  [971]  [970]  [969]  [968]  [967]  [966]  [965]  [964]  [963




最近

「水出し珈琲まだですか?」とか
「珈琲ゼリーは・・・」とか

両方とも一部のマニアックな人にしか支持はないのですが
有難いお声をいただきます。

いつも海の日をサマータイム解禁日とするのですが
前倒して12日金曜日から、サマータイム第一弾
水出し珈琲を解禁日といたします。

珈琲ゼリーはその後の第二弾7月後半解禁と致します。

詳細はまたイベント「のこいちば」が終わったあとで
記載いたします。




さてその「のこいちば」

いよいよ今週末にせまって参りました。



7月6日(土)7日(日)

11:00~19:00

場所・noco bakery & cafe http://noco.wpblog.jp/


7月5日(金)準備休業いたします。


先日は「ピクハイセット」ご予約有難うございました。


 
ピクハイセットのカトラリーを担当しております
「椿堂」さんhttp://www.tsubakidou.com/
昨日試作品を持って来てくださいました。


 
こ、これは、なんということでしょう。
しっかりフォークしてます。
当初はピクハイだけにピックということで
爪楊枝くらいなものをと思っていたのですが、、、

どうやら椿堂さんのホンキが炸裂してしまったようです。
ピックもフォークもピクニックで聴く音楽っぽい響きなので良いのですが
贅沢過ぎる仕様です。
予約者は、ラッキー過ぎますね。




しっかりと切って刺すことのできる
カエデ材のフォーク。
作家もののこのカトラリーがついて
あのお値段はお値打ちでした。

椿堂さんの体力が許せば
当日販売もあるかもしれません。




椿堂さんの工房は奥多摩寄りの古里にあります。
工房は木の香りが溢れ椿堂さんの繊細なエスプリが
そこかしこに漂います。




たくさんの、
形を纏う時を待つ木材たち。

地産地消となるような足跡を辿れるサスティナブルな材もあれば
廃材や木目などを優先した材なども。
こだわりを排し、力を宿す素材を選択する椿堂さんの審美眼。


 
こんなに沢山のカンナを使いわけていらっしゃるんですね。
センスだけではない、たしかな技術と努力と信頼性。




そうそう、会場となる、「noco」さんの扉も
椿堂さんの手によるもの。

皆さんが訪れて、まず触れるのは彼の作品ということになりますね。

長く付き合える自分にしっくりくるアーティスティックな道具、
貴方も見つけてみてくださいね。






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
c a l e n d a r
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
p r o f i l e
HN:
ネジ
年齢:
42
HP:
性別:
男性
誕生日:
1977/03/05
職業:
自家焙煎珈琲店
趣味:
写真・自転車
自己紹介:
ブログ内検索
c o u n t
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]