忍者ブログ
COFFEE & GALLERY SALON " you " COFFEE ROASTER " in " 自家焙煎珈琲店 国分寺(陽)&青梅(陰) Since 2006
[270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260




他人が 小さなイカダと笑っても


大海の志しを積めば  船となる。



R1002221.JPG











たとえ マストを折られても  


土に帰り   育てた木々で 


また 舟を 造って    漕ぎだそう  。





R1002223.JPG














幾年たっても  


消えない心の灯火さえあれば 、

海は    目の前に    広がっているのだから。




R1002204.JPG














考えなしの デクノボウ


もぬけの殻の チカラほど  こわいものはない。





R1002224.JPG















老いて なお    航路を示す者あればこそ



海を目指す者がある 。。。。。








先日、幾度か行ったことのある近所の有名珈琲屋に行ったら、

閉店していました。

吉祥寺でも3回くらい、そういうことがありました。



『当たり前だと 思ってたことでも 不意に消えてゆくことがある』

という歌詞の歌がありますが、



当たり前にあり続けることほど難しいことはありません。



しかし先日あるカフェで、吉祥寺で無くなったと思われていた珈琲店の関係者に偶然お会いし、
鎌倉で復活していたことを知りました。



なにかを創め続けることは 船出に例えられることが多いように思います。

船出はいつでも順風満帆ってわけにはいかないですが
いったん陸にあがったとしても
船出をあきらめなかった先人を知ると  勇気づけられます。


さきほどの歌には 『明日へゆけ』 という歌詞も含まれています。


明日への航路はひとつじゃないから

いつでも自分自身が自分らしくいられる道を選べますように。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
その珈琲店、あたしの憧れ。
これ、あたしだ 2009/12/23(Wed)23:05:24 編集
これ、あたしださま
先日はお邪魔いたしました。
相変わらずステキでした。

鎌倉、行きたいけど、遠いです。
珈琲店が憧れとは意外でした。

最新日記にまた、ちょこっとイラストで
あたしださんを登場させてしまいました。
スイマセン。
ネジ 2009/12/29(Tue)00:49:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
c a l e n d a r
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
p r o f i l e
HN:
ネジ
年齢:
40
HP:
性別:
男性
誕生日:
1977/03/05
職業:
自家焙煎珈琲店
趣味:
写真・自転車
自己紹介:
nejimakigumoをフォローしましょう
ブログ内検索
c o u n t
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]