忍者ブログ
COFFEE & GALLERY SALON " you " COFFEE ROASTER " in " 自家焙煎珈琲店 国分寺(陽)&青梅(陰) Since 2006
[88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78


お休みの日


お世話になっているお店を

今年の閉めに、まわりました。


ニシオギの道具屋さんは、
お店を解体しながら、今年最後の営業中。

来年は下北沢に、お家兼お店をニューオープンとのこと。

確固たる地位を確立したお店も、常に攻めの姿勢を
忘れないのですね。

玄米食で、より精悍になった顔の真ん中には
いつもと変わらず、堂々とした優しい瞳が輝いている。

私にも、このくらいの心の余裕が欲しいものです。

下北沢のカフェでは、昨日閉まったはずの道具屋さんのオーナーさんと
バッタリ遭遇。今年は会えないと思っていた人だけに嬉しい出会い。

こちらの道具屋さんも来年、青山に出店が決まったそう。

「ねじまき雲」は彼女に、とってもお世話になっているだけに
嬉しいご報告。

お店の名前はそのままにするそうで、名前の由来に託された彼女の強い思いが
ステキでした。50才になっても書き方を変えて同じ名であり続けると。

髪をベリーショートにした彼女は、可愛い帽子を被って、チョロッと前髪だけ出していました。
美人はなにをやっても、様になりますなぁ~、羨ましい。


そして、このカフェも
今年で閉店。

このカフェは、私がお店を始める前に
軽井沢で出会ったオーナーさんが開いたお店。

もはやカフェ界ではカリスマ的存在のお店も、旅発ち。

同じ地下北沢で来年、新店オープンとのこと。

こちらはお店の名前は変えるそう。
そこにはオーナーさんのコーヒーに対する新たな決意が窺えました。

彼の、コーヒーへの真摯で研究熱心な様が、次のお店計画で
結実していくのでしょう。

想像力豊かな、柔かいご夫妻だからこそ出来るお店の形。また楽しみがひとつ増えました。




お家に帰って、いただいたコーヒー豆を、軽井沢で奥様から買った器で飲み干す。

同年代の頑張ってる人たちが、次々と羽化を繰り返し、どこでも見たことがないような
蝶へと成長を遂げていくような、そんな感じ。

「ねじまき雲」も、来年はそんな感じだと、いいネ。


口には、最高のブラジルコーヒーの甘いアロマが後をひく。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
c a l e n d a r
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 27 28
30
w h a t 's n e w
p r o f i l e
HN:
ネジ
年齢:
40
HP:
性別:
男性
誕生日:
1977/03/05
職業:
自家焙煎珈琲店
趣味:
写真・自転車
自己紹介:
nejimakigumoをフォローしましょう
ブログ内検索
c o u n t
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]