忍者ブログ
COFFEE & GALLERY SALON " you " COFFEE ROASTER " in " 自家焙煎珈琲店 国分寺(陽)&青梅(陰) Since 2006
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11





前日記にて告知いたしました「かうひい堂」さんとのコラボ豆


「ねじまき堂」

あっという間に完売となりました。


皆様どうもありがとうございました。


お買い上げくださった方々、いろいろとお楽しみください。




☆ ここでひとつ、ブレンドアドバイス。




私は、今回のコラボ豆


メキシコ3:イエメン1

の割合でブレンドし

多少荒めに挽いて抽出すると美味しかったです。


苦味の中に高級感漂うモカの上品な香りがプラスされ
いっそう飲みごたえのある苦めの珈琲となります。


こうすると、

高級なモカを単品でも楽しめるg数が確保できますし、
メキシコの足りない風味部分もカバーしてくれます。

モカとの相性を考え、なにせメキシコは深く煎りこみましたので
そのままペーパードリップしますと、えぐみ走り、ボディーも薄いはずです。

ねじまき雲のメキシコ マヤビニックも
かうひい堂さんのイエメン アニシも

少しボディーが薄く、渋めの傾向にありますが、

ふたつが合わさる事で、足りない厚みを補完し合い、
なおかつお互いに無い風味特性が
ひとつのカップに結実することとなります。

イエメンのもつハーブティーのような香りは
甘めの落ち着いたフローラルな香りに変化し
メキシコのエッジの効いた味わいが丸くなり
適度なコクをもった苦味へと変わります。
全体的な印象はメキシコのそれですが、
アフターテイストと言われる後味、
飲んだ後、ホッとため息をついた時に残る印象は
イエメンの華やかさとなります。


もうひとつ、

◎ワンポイントとしては挽き度合いと器具との相性です。

豆の個性と、自分の好みに折り合いをつけます。



私は普段飲みする珈琲は、「こっくり苦め」が好みなのですが、

今回の場合ペーパードリップで中細挽きでじっくり淹れますと、
えぐみと渋みが、より強調されてしまいます。


ですので、いつもより使う豆は多めにし、かわりに挽き度合いを荒めにし
抽出過多になりすぎぬよう意識し
蒸らしをしっかりいれたら、あとはサラッとめに抽出します。

こうすることで、
薄めではあるが、奥行きがあって苦味走らない

「ふんわり苦め」のエキスに仕上がります。


テコでも好みを曲げず、なんでも細く挽いてじっくり淹れて
鬼のように濃い珈琲を味わえば珈琲通というわけでも無いのです。
それでは通用しない場合もあるわけです。

お豆さんとも器具とも体調とも相談し合いながら
折り合いをつけていく。
あるいは、飲んでもらいたい人の好みを考えながら
想いと個性とは
折り込みながら。


まぁ柄にも無く、味うんぬんをぐちゃぐちゃと書きましたが、
ようは、

珈琲を、ブレンドを


「楽しんでください」


という一言に尽きます。


一応のマニュアルや目安はあっても、決まりがないのが珈琲の醍醐味でもあります。
旨い不味いはあくまでも主観です。

やってはいけないのは、

気持ち悪くなるような変質した珈琲を飲むこと。
欠点のあるダメージ味のあるものを飲むこと。
メキシコをブルマンと偽って飲ませること(嘘をつくこと)。
豆を焦がすこと(焦げた珈琲はそれはそれで旨い!という場合はいいけど)。
それらに導くような豆の管理をすること。

ことくらいなものではないでしょうか(笑)。
他にも何かあったかしら?

これこそが「正しい」というよりも
千も万も正しさがあったほうが、面白いではありませんか。


失敗しながら、間違いながら、迷いながら
どうぞ楽しんで、あなただけのオリジナルブレンドを開発して
おくつろぎくださいね。


ちなみに「かうひい堂」内田牧さんは今回のイベントについては

大量出しのネルドリップでした。

実はミルに関しましては、
珈琲御三家と称されるがひとり、個人自家焙煎珈琲店の祖
「カフェ・ド・ランブル」関口氏考案の
グリッドミルhttp://www.h6.dion.ne.jp/~lambre/Lambre_gridmill.html
プロトタイプをランブルさんからお借りし持ち込み
お挽きくださっていたのです。

微粉が少なく、最適な荒さで挽けるネルドリップ専用のミルを使った珈琲は
まろやかですっきり。
まさに珈琲マニア垂涎の、コラボ尽くしの一杯。

プロのお仕事、しかと拝見、勉強させていただきました。

ごちそうさまでした。


先日、いま一度老舗のスピリッツを味わうためランブルさんにお邪魔し、
オリジナルミルであるリードミルで挽いた
オールド珈琲を感謝の気持ちいっぱいで
いただいて参りました。


自分の中の珈琲熱と、型にはまらず産み出す「旨味」をいうものを
再確認できた想いでした。


やはり


珈琲は


面白い。



ブレンドアドバイザー ネジの一口メモでした。




PR




先日は暑い中、「料理された童話の旅」ご参加くださった皆様、有り難うございました。



さて、イベント当日販売いたしました
自家焙煎珈琲店の大先輩、内田牧氏主宰の「かうひい堂」さんhttp://kauhi-dou.cafe.coocan.jp/との
コラボレーション豆

「ねじまき堂」が限定数量、内田牧さんから届きました。

「ねじ」担当の深煎り、メキシコ マヤビニック100gと

「まき」さん担当の浅煎り、イエメン アニシ100gとを

合わせました200g入り¥1500です。


ただでさえレアなこの機会に
貴重で華やかなイエメンの豆が入ってこの価格は、かうひい堂さんの
御厚意あっての賜物です。

そのままストレートで味わって良し。

お好みで混ぜてブレンドで楽しんで良しの


お楽しみパックになっております。


メキシコも普段当店でお出ししているものより深煎りになっております。

本日からの販売です。

なにぶん残数が大変少ないので、無くなり次第終了です。

当店「ねじまき雲(陽)」国分寺店棚売りのみでのご提供になりますので

欲しい方はお早めに〜。










青梅でお店をはじめた頃からずっと通ってくださっている
常連さんがいる。

私はきっかけがないと、他人の人生に首はつっこまない。
他人の世話が焼けるほどの器もなければ
興味のないことは、言い方は悪いが面倒くさいのだ。
なので、あまりお客さんと個人的に親しくなることは無いヒキコモリ体質。

でもだからこそ、ある縁に余計な縁は、ない。

心地よい縁は、何度も練っていくうちに、広がりをもっていき
新たな心地よい縁をふっくらと膨らませてくれる。

そういう面倒くささは、愛おしい。


彼女と話したきっかけは何だったろう?忘れてしまった。
最初は今の仕事はしていなかったように思う。


その後、数年通ってくれるうち、その時々の
楽しみや苦しみを聞いたり、励ましたりもした。
そうして自分も、励まされていたのだと思う。

その人はいくつかの仕事を経て、パン屋になった。

そして私は、偶然そのパン屋さんの本店近くでお店を作り始めた。

国分寺で物件を決めた時、不動産屋でそのパン屋さんの
割引券をごっそり貰った。

毎朝、そのパン屋さんのパンを食べた。
壁を塗りながら、甘いツイストドーナッツ。
蛇口をバラしながら、焼きそばが中に入ったマヨネーズたっぷりの焼きそばパン。
机を作りながら、塩豚の入った香ばしいパン。
ちょっと休憩、真っ白い赤ちゃんのお尻のような白パンと珈琲。

ちょうどお店が完成した頃合いで、割引券は底をついた。

ねじまき雲(陽)の誕生活力源となったそのパン屋さん
「キィニョン」http://www.quignon.co.jp/
フランス語で、パンのはじっこという意味だそうだ。

お店が再開すると、
キィニョンさんのスタッフになったその常連さんは
また珈琲を飲みに顔をだしてくださるようになった。




キィニョンさんには「リュネット」というフリーペーパーがある。

その常連さんのパン屋さんのご提案で、

ねじまき雲(陽)を、その「リュネット」に載せていただける事になった。

はじっこから膨らんでいく新たなご縁。
珈琲とパンの美味しい出逢い。

お休みの日に、こっそりとねじまき雲で催された
珈琲屋とパン屋さんたちの秘密のパーティー。

試作パンを食べながらのその一幕を、パンの美味しい食べ方とともに
皆様も味わってみてください。



当店の載っている「リュネット」

キィニョンさんはもちろんのこと、当店にもいくらか置いてあります。

ご興味がおありの方は、どうぞご自由にお持ちくださいね。




さて今日も、もぐもぐごくごく

美味しいパンと珈琲と、いいご縁とが

ありますように。。。






 





以前、雑誌「カフェ&レストラン」で掲載していただいた
記事が、他15人のカフェストーリーとともに一冊の本になりました。



渡部和泉氏著

旭屋出版「小さなカフェの開業物語」http://www.asahiya-jp.com/cafe/index.html#ISBN978-4-7511-1031-7



渡部さんhttp://cafe-cactus.seesaa.net/には昔からお世話になり
新店舗の一部壁の漆喰まで塗っていただきました。


15店すべて素敵なお店ばかりです。

カフェを開きたいと思っていらっしゃる方のみならず
カフェ好きな方にも
単なるハウトゥー本に留まらないリアルストーリーは
ためになる読み応えある内容です。



どうぞネット、あるいは本屋さんでお買い求めください。

















暑い。いやむしろ、熱い。




最近天気予報で流れる言葉が「記録的」だけではなく
「千年に一度」「猛烈な」「いまだ経験したことのない」「殺人酷暑」と

なんだか映画の宣伝じみてきて、
皆いかに凄いかを表現するのにやっきになっているようにも
思えます。

こんなに暑いのはきっと
人間が地面からすっかり土を覆い隠してしまったせいではないかと
思います。

こんなお天気でも、
国分寺お鷹の道沿いの水辺や、武蔵国分寺公園の雑木林に足を踏み入れると、
ひんやりとした冷気が土から立ちのぼります。

土は地球の皮膚のようなもの。
ずっとアスファルトなんてもので厚着をさせられていたら
お天道様でズンズン熱くなってしまいますよね。

あぁ・・・だから地球は暑くて暑くて、服を脱ぎ捨てようとして
こんなにも身体を震わせて、もがいているのかもしれませんね。



さて、土があると冬の訪れには、
ザクッとしたちいさなギリシャ神殿がそこかしこに打ち建てられて
寒さをいっそう演出してくれます。


霜柱。


冬に霜柱は寒いけど、夏のねじまき雲にも霜柱は出現して
ヒートアップした心をもヒンヤリ涼しくしてくれるのです。




くるぶし作。夏限定裏メニュー 「しもばしら」¥700




毎年エスプレッソ担当くるぶしが、「暑い」と感じはじめた時に試作を勝手にはじめ
納得がいく出来になると、勝手にGOサインが出る
いつ建つかわからない霜柱。

そしてくるぶしが「寒い」と感じると勝手に姿を消す

夏のマボロシ。

かき氷みたいなフラッペみたいな
ねじまき雲特製フローズンエスプレッソラテ。

食感を出すため製作に恐ろしく手間がかかり能力的問題から
一日2〜3杯しかとれませんので、あったらラッキーくらいな品物です。

メニューには載っておりませんので
ブログを見て、ご注文いただけた方にのみのご提供となりますのでご了承ください。



いくら当店に涼があろうとも、たどり着くまでは
地獄の暑さです。
お盆でご近所のカフェも長いお休みに入っているところが多いので



是非、いくぶん暑さやわらぐ夕方以降にお越しいただけますと
お席も空いていてゆったり涼がとれるかと思います。




ひぐらしの鳴く時分



夕暮れのオレンジとともに、お会いできますように。







申し訳ございません。

所用のため、

8月6日(火)臨時休業とさせていただきます。

お間違いなきようよろしくお願いいたします。






なんやかんやと


さきのばし さきのばし


今年は気づけば半年過ぎておりましたが。


夏至もゲシゲシ
もうバジルもトマトも美味しい季節。
食材育つ夏。


昨年、月イチ開催しておりました

天然酵母の厳選素材ピザ屋さん「イル テンポ ボーラ」さんhttp://www.il-tempo.jp/との
旬の野菜と珈琲の
共同企画

ねじまき雲(陰)夜の部 in 青梅
「ネジ テンポ ボーラ」

6月は、


復活させます。


今週水曜日

6月26日(水)

20:30〜24:00くらいまで
LO 23:00 



旬の素材の身体が喜ぶピザと珈琲を。

ちょこっとだけお酒もご用意いたします。


というわけで、26日(水)は、お昼の部はお休みです。


*混雑する場合もございますのでご了承ください。
作業も遅く、身体も重くヨタヨタの
珈琲屋とピザ屋さんのWスロータッグですので
なにとぞ気長にお待ちいただけますと、嬉しく思います。



さてさて、今年はどんな美味しいハプニングが起こりますやら
ご期待ください。










先日は、トイレの神様に見放されエライ目に合いましたが、


悪いことがあれば、いいこともあるもので
(なんかこのくだり、ぎっくり腰のときにも書いた気がするなぁ・・・)

小金井近辺を中心に、その地域の良さを再発見し、誰かに伝えてくれる素敵な
地域誌「き・まま」さんに、当店にスポットを当てて頂きました。

「き・まま」http://ruelle-studio.net/index.htmlは、出版業界に携わった女性たちが、
出産しママになったあとも、身体の内にある出版への熱い想いから、
また、小金井周辺に引っ越してきて、その暮らし良さに注目し
偶然という必然から
同じ燻りを共有する仲間と出逢ったことで、
実現した、


純粋な読み物。


き・ままの「まま」はママのまま。

そして、他にも「まま」には地域愛の意味が込められていますが、
それは本誌を見て、ご確認ください。

純粋なモノづくり。何者にも左右されない


「伝えたいことがあるんだ」


という想い。
そういう結実の産物はいいですね。
私も、ずっとそうだから。共感します。



取材に丁寧に時間をかけれること。

時代に左右されないこと。

いいことをいいと伝えたいということを

飽くなき探究心と、

出版業界で培った編集力と、

段階を踏んだ確実な取材方法とで

すべてに失礼なく作り上げられる一冊一冊は、号が作られるまで、とても時間がかかります。

しかも、それはどこででも手に入る物ではないので、
目に触れない人には触れないでしょう。

「き・まま」は、「き・まま」を編集出版している
LLP「リュエル・スタジオ」さんHPhttp://ruelle-studio.net/kimama.htmlにて
ご購入頂けます。
もちろん、国分寺周辺の本屋さんにも取り扱ってくださっているところもあります。
是非!ご購入ください。


掲載2号は、表紙がなんと、ねじまき雲国分寺店の、きのこランプ(高野幸雄氏作製)。

内容も国分寺周辺、とりわけ珈琲カルチャー寄りに偏った素晴らしい内容です!

ねじまき雲は全6ページに渡り、青梅店の焙煎模様まで取材いただきました。


写真も抜群に良いです。
(熱血純情薔薇オジさん。カメラマン井上さんサンキューです!!!!)

「リュエル・スタジオ」さんでは、「き・まま」のほかにも

自費出版など本の出版や印刷物の完全サポート。
既存定期購読誌へのライター・編集の貸し出し。
地域イベント開催のノウハウサポート。

など、出版の枠を越えた新しい取り組みも積極的に行なっております。


こういう小さい「点」がたくさん生まれ、

時にはつながり、地域が面白く発展し、それが大きな「面」へと

波及していく。



そうなっていく世の中

素晴らしいですね。


さぁ、私も私とて、今日も、消えぬ大きな「点」であろう。



*き・ままのみなさん、本当に有り難うございました。


本日6月3日つまらない理由、じゃなかった・詰・ま・る・理由があり

臨時休業とさせていただいておりましたが、

先ほど、一年前ねじまき雲国分寺店の蛇口施工を一緒にやってくれた救世主
水道屋のおっちゃん。こと、バルブヒーローと、その助手(珈琲屋のネジ改め水道屋見習いのネジ)の
黄金タッグ再結成!

その奮闘ぶりにより、見事!下水開通!!!!


なんか建物の配管構造まで解り、原因もなんとなくつかめました。
やってみるもんです。エヘン。

建物構造上の理由もあるようなのですが、

あらぬものも出てきました。


配管が当店だけでなく他の物件も共有だったので、特定は出来ませんが

生理用品や、その他の紙もゴソリと出てまいりました。


け し か ら 〜〜〜 ん !!!


故意かどうかは解りませんが、お陰でいたいけな珈琲屋さんは
瀕死の窮地に追い込まれましたゾッ!!

あーしてこーして、休業して作業中蚊にもさされたし、え〜と、、、だから5万くらいの損失、
さらにはこれからも追加支払いに
なるやもしれませんのだぞっ!


こ ろ す き か 〜〜っ !!!


はぁ、はぁ、はぁ・・・


まぁ・・・しかし通って良かった(涙)。ご迷惑おかけいたしました。



そしてこればっかりは、モラルの問題だから、

どうしようもないんですよね。


生理用品は汚物入れに。

トイレットペーパー以外は流さない。

ゴミ箱に入れる。もしくは持ち帰る。

他人の傘は雨が降っても持ち帰らない。あ、これはトイレとは関係ないけど(笑)。


基本的なマナーです。



言わずとも、守っていただけると有り難いことです。

たとえ当店じゃなくても、他の飲食店でも、守っていただきたい事柄です。

一見儲かっていそうな飲食店も、一品、数百円で勝負するので、

だいたいは火の車だったりします。

ちょっとしたバカみたいなことで、簡単に潰れてしまいます。

精神的に辛いですしね。



昔、軽井沢のカフェで働いているとき、トイレの手洗いに紙を故意に突っ込まれ
溢れさせられ、大あらわだった苦い想ひ出を、思い出しました・・・。

びっくりしたな、あれも。



さぁ、そういうしょっぱい思いは、水に流して


前向きに前向きに、いきましょう!!


本日、これから営業再開いたしますが、


なにぶん、欠品も出てくると思いますので

申し訳ありませんが

ご了承くださいね。


ま、珈琲でも飲んで胃の腑に落とし込んで

苦味は大人な旨味に、していきましょう。


また、宜しく御願いいたします。


毎度ご迷惑をおかけ致しております。ねじまきぐそです。
あ、間違えた!ねじまき雲です。

思えば・・・

種々様々な受難を乗り越え、プレオープンは嵐。エスプレッソマシンは壊れ、オープン日は嵐。
種々様々な災難を乗り越え、誕生日には腰がくだけ1週間寝たきり。
一年後のオープン記念日はトイレが詰まり、く◯まみれ。
からの〜再詰まりの、今ここ。です。

なにかと予期せぬトラブルが勃発する
臨時休業が定番の国分寺店になってきてしまいました。。。

いまだ生きて店をやってるのが奇跡です。
これも皆様の「ネジ!負けるな!」というご声援あっての賜物と
ねじをまきまき感謝しております。

というわけで、本日も今のところ臨時休業です。

午後に業者さんが来るので、

あとは、、、ウンを天に任すしかありません。

復活し次第情報を流します。

いや、むしろ流れてほしいとでも言いましょうか。。。


くっそ〜っ!!と我が身を呪いたい今日この頃ですが、

まぁひとつ、どうにもならんことは、珈琲でも飲んで待ちましょう。


今でも十分客観的には、笑える事態かもしれませんが、
本人いたって真面目に凹んでおります。

きっと、これも後には笑い話しの種のひとつとなることでしょう。




なにとぞ、今後とも気長に


宜しく御願いいたします。





なんと・・・悲しいお知らせですが、トイレが治っておらずまた詰まったようです。。。

大変ご迷惑おかけ致しますがまた早じまいさせていただきます。

まったく状況がわからないので

明日の復旧に希望を託します。


復旧いたしましたらまたお知らせいたします。



毎度ご迷惑おかけいたしております。

先日ブログでお知らせ致しました件

工事の末、どうやら復旧いたしました。


というのも、今のところ原因不明でトイレが詰まり

配管に至っておりましたので、トイレを外しての復旧工事となりました。

床の一部修復などにも時間がかかり、

早じまいからの臨時休業となりましたこと

深くお詫び申し上げます。


ちなみに配管まで詰まると非常にお金がかかり

とても痛いです。(3万円ちかくもかかりましたよ〜)

いろいろとトコトンついてない店だなぁ〜。これで運がつくといいのだけど・・・。

きっとコレも試練なんだな、ウン。


皆様もご自宅で用をたされるとき、

辛い気持ちは流しても、余計なものは流さないようにお気をつけくださいね。

特に生理用品などは膨張してしまうので要注意!

最近はエコな節水タイプのトイレが多く

水量が少ないので思いのほか詰まりやすいのかもです。


業者さん曰く、なんと、便秘気味の固いウンチョスさんは

水に溶けにくく、3〜4日管内ビバークしてらしゃることもあるのだとか!

やっぱり辛さは早めに溶かして、健康なデトックスライフを

送ったほうが身体にもおトイレ様にも優しいってわけですな〜。

さ、皆様も珈琲飲んでデトックス!デトックス!!


汚いお話しで、すいませんでした〜(笑)。。。



*ここしばらくしてまた点検を行なう予定です。
結果次第ではまた臨時休業から
立ち直れぬほどの大工事となるかもしれませんので、
その際はご了承ください(泣笑)。


大変申し訳ありません。

諸事情により、大掛かりな工事が発生してしまいそうですので

本日5月31日は急きょ臨時休業とさせていただきます。

復旧に勤めますので

何卒ご了承ください。



ねじまき雲は、山口県「ロバの本屋」さんhttp://www.roba-books.com/
出張珈琲のため

5・10(金)〜5・12(日)まで国分寺店の営業はございません。
ご注意のほどよろしくお願いします。

ねじまき雲はロバの本屋「こつこつ、もくもく、たんたん」展

5・11(土)11:00〜17:00のみ登場となります。


menu


● メキシコ マヤビニック 深煎り ¥600

● マンデリン ビンタンリマ 極深煎り ¥600

● ロバネジブレンド ¥600

● アイスコーヒー ¥600

● カフェオレ HOT or ICE ¥700

● スパイシーオレ HOTのみ ¥800

● 杏仁カップケーキ ¥350

● ロバネジブレンド珈琲豆 100g ¥700


です。



展示内容は

こつこつ・・・焼物屋 上泉秀人

もくもく・・・テディベア作家 外間宏政

たんたん・・・自家焙煎珈琲店 長沼慎吾


だそうです。



・・・なぜ「たんたん」が私なのでしょう?
どちらかと言えば、こつこつ派ですし、
焙煎と湯気は、もくもく。

たんたんって、、、そもそも何でしょ???

(笑)。

私なら、
こつこつ担当を、テディベア作家
もくもく担当を、自家焙煎珈琲
たんたん担当を、焼物屋
に、してしまうでしょう。

この辺が、ロバオーナーいのまたさんの面白いとこ。
このセンス、天才的。

大好きです。








私がとても尊敬し
カフェとしての
あり方
振る舞い方が


 神
  」。

なんとナチュラルに心地よく、
肩の力が抜けていてそれでいて
好きなものだけに忠実。
内なるものが内だけに留まる事なく
外に自由に発信され
循環している。

なにもかもが、
そこに

キ 

  ラ 

    キ 

      ラ
 

としてある。

そんなカフェが、経堂にあったのです。


このカフェがなかったら、先日閉店し同じく経堂にあった
心の友「Cura2」さんとの
出逢いもなかったでしょう。


「Cura2」さんと同じ道沿いを少し奥に行ったところに、そのカフェはありました。


「ロバロバカフェ」


それが私の

あこがれの カフェ でした。

そこではとても刺激になる展示がよくされていました。
私は作家ではないから、とても嫉妬にも似た羨ましさを
そのオーナーさんと何日も一緒にコラボレーション出来る人種を横目で見て
「いいなぁ〜。」と思っていました。

コーヒーも、当店など足下にも及ばぬ有名珈琲店などからの
仕入れでしたので、入り込む余地はありませんでした。

でも、それでも時々そのカフェの全てを満喫しに
その場を訪れ、小一時間ほどでもカフェを味わえるだけで満足でした。

そして
2010年5月、「ロバロバカフェ」は閉店し
山口県の山奥にオーナーさんは旅立っていきました。

とくに知り合いやご縁があるわけでもなく、ふらっと
タンポポの綿毛のようにフワフワと

「ここだね。」と思える場所になんの躊躇も未練もなく

感性の赴くまま、飛んでいける。
そんな人。


そのロバロバオーナーであった、いのまたさんは
山口県の人家もまばらな山奥で
「本屋がね、やりたいんだ。」と笑っていました。
そして「長沼くんさ、コーヒー送ってくれないかな?」と
嬉しいお言葉を頂き、
もはやカフェでもなんでもない
俵山という聞いた事もないない山奥の個人宅に
『カフェに卸してる気分』でコーヒーを送る事となったのです。

その後、いのまたさんは

コツコツと、淡々と、黙々と

時間をかけてそこに本当に、本屋のカフェを開いてしまったのです。

それが、「ロバの本屋」http://www.roba-books.com/

本を読みながらお茶ができる秘境の本屋。
さらに嬉しくも、その「ロバの本屋」さんでは
当店焙煎の珈琲を、使っていただいております。


また、
なんと、
私、
このたび、
山口県は俵山「ロバの本屋」さんに

出張珈琲して 参ります。


叶ったな、、、またいっこ 夢 。


さて、今回は東京の山奥、青梅チームで押し掛けのように、と言っても
3年越しの計画ではあるのですが、

当店でも使っている器の職人 青梅の巨匠 上泉秀人さん

「ロバロバカフェ」で展示もしたことのあるテディベア作家 外間宏政さんhttp://tdpb-hokama-h.com/

とで、

豪華三人展をしに行きます。


「こつこつ、もくもく、たんたん」展


期間は5・11(土)〜5・13(月)


ですが、当店は11日のみの登場です。


詳しくは「ロバの本屋」さんHPを参照のこと。


メニューはまた後日記します。



めっちゃ遠いですけどね。


たぶん、すてきだと思います。

私もいまから、



どきどき わくわく。 



人生を 旅しに、おいでください。








昨日、無事「Cura2」さん出張珈琲を終える事ができました。

GWといえども平日にもかかわらずお越し下さった皆様、

クーラさんの常連さんも、ねじまき雲の常連さんも、そしてつながりのあるカフェの常連さんも、

本当に有り難うございました。


これで永遠に、経堂にあった「Cura2」というお店の扉は開きませんが

その記憶は、その場所を愛してくれた皆様の引き出しのなかに

大切に納められたことと思います。


そして100%の幸せに満たされた中で、オーナーの大西さんと私とは

仕事をさせていただくことができました。


そんな仕事をさせていただき、有り難うございました。

「Cura2」の約7年間で築いたすべてが、

昨日のあの時間、あの場所、あの空気に集約されたんだと思います。

何かを始め、何かを終えることは、けっして無駄ではなかった。

そう思わせてくれる、本当のつながりのなかの一日でした。


昨日はクーラさんと7年間一緒に歩んだ3人いるバイトさんも

全員お越し下さいました。


出張珈琲の際にはこのお三方にも大変お世話になりました。

クーラ大西さんの、手であり、脳であり、足であり、心だった方々だと思います。

その中のお一人には、当店の国分寺店開店のときに

画像のネジ人形を作ってプレゼントしてくれたりもしました。

有り難うございました。


美味しいものを味わってくれる

美味しいお客様。

美味しいスタッフ。

美味しいオーナー。

そしてまるっと美味しそうな珈琲屋。

全部そろって

最後の最後の「Cura2」

最高でした。

皆で美味しかった一日でしたね。


「あ〜、美味しかった・・・。」



こんなに美味しかったのだから、

これで終わるなんて、

許しません。


もっと美味しいその先を、また見せてもらいましょう。

次は、葉山で。


とりあえずは

大西麻子さん

お疲れさまでした。

そして


有り難うございました。


ちびっとだけ休んだら、また、私たちを楽しませてくださいね。


そして嬉しいお知らせ。

「Cura2」さんの一部は、オーナー大西さんの心意気で、「ねじまき雲」にその一部が

生き続けます。

閉店作業が落ち着き次第、Cura焼き菓子も当店でお買い求めいただけるように

してくださるそうです。


こうご期待。。。












前回も日記にあげた当店の珈琲豆の卸先「Cura」さんhttp://cafe-cura.com/index.htmlが
本日をもって閉店いたします。


当店の焙煎豆をクーラさんでお飲みいただいていらしたお客様

本当に有り難うございました。



さてしかしながら、その経堂でのクーラさんの足跡を惜しみつつ
今一度楽しい一日を過ごしたい。


という思いから、ひっそりとささやかにではありますが、


後夜祭的出張珈琲  nejimakigumo in Cura2 LAST



5・2(木)に行います。


どうしても予定が合わず閉店までにご挨拶に伺えなかった常連さまがたも
いらっしゃることと思います。

この日は、通常20:00がクローズなのを

ゆるゆると22:00くらいまでお店をあけてくださるそうなので

これが本当の最後の最後、オーナーさんのお顔を見にいらしてくださいね。

豆がなくなり次第珈琲のご提供は修了とさせていただきますが、
私も最後までいるつもりですので、どうぞ宜しく御願いいたします。




コーヒーの内容は、卸させていただいておりました

パプアニューギニア ゴロカ の深煎り

同じく卸させていただいておりました銘柄

パプアニューギニア ハイランドAA のねじまき雲バージョン中煎り

そしてこの二つをミックスしたブレンドの3種類をご提供いたします。

カフェオレと、アレンジドリンクもご提供予定です。


●ストレート各種 ¥600

●ブレンド    ¥600

●アイス珈琲   ¥600

●カフェオレ ホットorアイス ¥700

●アレンジメントドリンク ホットのみ ¥800

●Final Cura Blend珈琲豆 豆のみ ¥700



 
*焙煎日出張準備日として5月1日(水)青梅店の営業はお休みとさせていただきます。
ご了承のほどよろしく御願いいたします。






気づかなかったことに、気づかせてくれることがあったりする。

そういえばそうか。と。


東京をひとつのカタチとして見た時、


三鷹〜立川はちょうどその真ん中らしい。


国分寺。東京ど真ん中。



「ののわ」というエリアマガジンを見て気づく。



東京ど真ん中、電車が立体交差化され、進化の途上にある。

その移り変わる地域、人、街、緑、つながりにスポットをあて

そのJR駅間の駅設置フリーペーパーとして置かれているのが

「ののわ」http://www.nonowa.co.jp/areamagazine/


これからの真ん中ライフスタイルを考え、つなげるプロジェクトとして、そのキッカケとして

一冊の冊子があり、そして武蔵野の輪がひろがっていく。

そんな「ののわ」のコンセプトは素敵だ。


その「ののわ」5月号に、当店も載せて頂きました。

三鷹〜立川間のJR各駅、もしくは当店でも手に入ります。



今後も「ののわ」は各月少量ですが、当店にも設置いたしますので、

ご興味のある方は


駅か、当店のDM棚まで



お越し下さい。




PS:キッカケをくださった萩原さま、ありがとうございました。







5月は臨時休業や出張などがございまして変則的営業になります。
事前にご確認のうえ、お出かけくださいね。


5月1日(水)・・・焙煎のため臨時休業いたします。

5月2日(木)・・・某所出張珈琲いたします。

5月8日(水)・・・焙煎のため臨時休業いたします。

5月10日(金)・・・山口県へ旅立つ故、臨時休業いたします。

5月11日(土)・・・山口県「ロバの本屋」さんに出張珈琲いたします。

5月12日(日)・・・帰路故、臨時休業いたします。


焙煎日、移動日などで連休し、ご迷惑おかけいたしますがよろしく御願いいたします。


出張珈琲につきましては後日詳細をお知らせいたします。



さて、画像では拡大しないとすこしわかりにくいですが、


「HITSUJIGUSA EXPOSITION de MAISON LE MONDE D`OISEAUX」

2013 5.4sat 〜5.12sun 11:00〜19:00


「羊草」さんhttp://hitsujigusa.com/


にて行なわれる展示に

盟友「tocoro cafe」さんhttp://tocoro-cafe.com/


が、One day tocoro cafe として*御予約制にて5月8日(水)に
出張カフェをされます。

この会と同時に、当店焙煎の、四季の珈琲豆
トコロブレンドスプリング2013が
トコロカフェさんの手によりドリップしていただけることとなりました。


展示期間中はトコロブレンドスプリング豆も販売となります。


*ご予約のワンデイカフェにつきまして、また展示内容や場所のご確認は

「羊草」さん「トコロカフェ」さん両店のHPにて

詳細をご確認くださいね。



では、

よきゴールデンウィークを。。。










まずは、この記事を借り
ご迷惑ご心配おかけしておりました、ぎっくり腰回復のお知らせをいたします。

2週間前は相方くるぶしに付き添われて
歩いて2分の病院にたっぷり15分はかけヨレヨレでたどり着き
初診表に


3月5日 36歳 自営業 症状:ぎっくり腰


と書き込み、人生最悪の誕生日を味わい自分にコルセットをプレゼントしましたが、
ようやく普通に生活できるまで完全復活いたしました。

よく「腕がもし使えなくなったらどう淹れるか」「足が立たなくなったらどうするか」などと
『もしも』妄想をすることがあるのですが、

肝心カナメの腰が、腰砕けですと
それだけで寝たきり何もできません。

皆様もストレスや寝不足、運動不足や冷えなどで腰をやられないようお気をつけ下さい。


あ、もしぎっくり腰になったら
温めるのではなく冷やしてくださいね。
間違えがちですが、タイミングを誤ると逆効果、悪化してしまいますからね。
患部を冷やして安静第一です。



さて本題。

悪いことがあれば、いいこともあるもので

3月16日発売
エンターブレインムック「coffee book みんなのコーヒーブック2」
1000回使えるコーヒーフィルターつき


に当店が掲載されました。



表紙は人気カリスマカフェ「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」堀内氏の
ヴィンテージミルコレクション。

私もミルコレはそこそこありますが、足下にも及ばぬ
圧巻の珍品揃い。見ていて楽しくなりますね。

そしてその裏表紙が、ねじまき雲(陽)です!
憧れのお店の表紙の裏とは嬉しいですな。

表紙をめくるとコーノドリッパーを持つ手がありますが、これもウチです。

当店の特集本編は82ページからですが
もう一枚当店の写真が別ページに使われております。わっかるかなぁ〜?


その他にも


エッセイスト川口葉子さんのページには
絶対教えたくないけど、好きな人にはこっそり教えたくなる
当店の近くの和カフェが載っていたり


イラストレーターのお客さんが、お洒落なご自宅で
コーヒーを楽しむひと時の過ごし方をご紹介していたり


言わずと知れた当店の盟友「トコロカフェ」さんの
見てるだけで涎が垂れてくるスイーツプレートがどどんと載ってたり


立川にある行きつけのおかっぱパン屋さん、草間彌生ときゃりーぱみゅぱみゅを
足して2で割ったみたいなセンスがキュートな「シンボパン」さんが
コーヒーに合うパンレシピをご提供していたり、

その他にも素敵な知り合いが盛りだくさんな


コーヒーマニアでも、そうでなくても十二分に楽しめる内容になっています。


是非、書店またはネットでお買い求めくださいね。






このような素晴らしい機会をお与えくださった
ライター唐澤さま、いつも有り難うございます!
御本、最高の誕生日プレゼントになりました。


柔らかな空気を切り撮る陰影の魔術師、鍵岡さん
出逢えたことに感謝です。
(カギオカ写真http://kagiryu.jugem.jp/  ←鍵岡さんの、一目でファンになる
独特の写真が見れます。必見!)


アッシュ・ボン鈴木さま、珈琲にびっくりしていただいて有り難うございます!
そして丁寧な編集とご縁を、有り難うございました。







c a l e n d a r
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
p r o f i l e
HN:
ネジ
年齢:
40
HP:
性別:
男性
誕生日:
1977/03/05
職業:
自家焙煎珈琲店
趣味:
写真・自転車
自己紹介:
nejimakigumoをフォローしましょう
ブログ内検索
c o u n t
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]