忍者ブログ
COFFEE & GALLERY SALON " you " COFFEE ROASTER " in " 自家焙煎珈琲店 国分寺(陽)&青梅(陰) Since 2006
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7



『もう臭いのは、コリゴリだ。』 最終編




数日前の多摩川、河川敷21:30



青黒い 川の流れに、 映える まっ赤なホノオ。

青白き 肌を焦がすは、 カグワシキ   くさや。


再び集いし、怪しき面々。






間違いは、またもや登場の、スウェーデンの爆弾をはじめに開けたこと。

「 ぐ ・ ざ ・ い (臭い)」

もう、ドリアンだろーが、クサヤだろーが、へのカッパです。

生は、もう不味いの判りきっているので、私はご遠慮願いました。


で、焼いてみることに。



R0011286.JPG










「グヴァ~ッ☆」



あぁ、焼くんじゃなかった。焼くんじゃなかったよぉ。

誰だッ!!焼こうなんて言ったのは!そんなヤツ焼いてやる!・・・・・・・私かぁ。
良い匂いになるどころか、シュールストレミングの持つ独特の臭さのみが、より立ち昇ります。

苦し紛れに、持参した醤油に一縷の望みを託し、焼ける魚にダイレクトアタック!!


意味なし!!


醤油なんて、スウェーデンの醗酵の前には、牙を抜かれた虎みたいなもんです。



しかも、クリーンな生アジをシュール汁に漬けたものまで持ってきていただいていたので
ソッチから食してみることに。

「ああ・・・・アジって、ドブん中で暮らしてる生きモンでしたっけ?」

きっと日本の海が極限まで汚れたら、海の魚は、こんな味になってしまうのでしょうね。


そして、本命へ箸をのばします。

少しは、少しはサ、焼き魚って味のセオリー、守ってくれたってイイじゃない?




「筆舌に尽くしがたい。(悪い意味で)」


もう、嫌だから書きません。知りたい人は、シュールストレミングを焼いて食べてください。


クサヤはネ。美味しかったので一人でバクバクいっちゃいました。


R0011288.JPG










っと、まだありました。


デザート。 と言うか今回のホントの本命?


ドリアン。
酒を一緒に摂取すると死ぬらしいので、クサヤを日本酒でいけなかったのが無念。 


でも、フルーティーで、良い香りなのです。

味は、マンゴーとバナナを足して2で割って、食感を熟れたドリアンみたいにした感じ、デス。


しかしながら果物アレルギーの私は、一口だけに留めておきました。


ちなみにネ、今回の主催者の方は、ドリアンの匂いにやられてしまい、始終遠巻きに様子を
見てらっしゃいました。ダメな人にはダメな匂いのようです。


ちなみにネ、イベント中ネコがニャァ~ニャ~寄ってきましたので
シュールストレミングを投げ与えてみましたが、匂いをクンクンやって、口にしませんでした。





ネコも食わない。  とは、よく云ったものです。


 

 

こうして面々は誓ったのでした。


「こんな臭いイベント二度とすまい・・・・・」と。
PR




悪夢、ふたたび。


嫌なにおいってクセになるんでしょうか?



先日の、「シュールストレミングを食す会」の
参加者のひとり。

九州人気質の、彼女の負けず嫌いに火がついたみたいです。


臭いものにネ、張り合わなくてもネ、いいと思うんです。
いいと思うんだけど、興味があるから、良しとしましょう!!



アルコールと合わせて食べると死ぬ果物って、マジですか?

年に数人、タイ人がコイツを食べ過ぎて死んでるって、ハンパないんじゃぁ・・・・。


調べて、少しビビリ気味の私。


果物の王様「ドリアン」



手に入ったから食べましょうと。そういうことです。


「ねじまき雲」から歩いて5分のお寺の中のピザ屋さん「イル・テンポ・ボーラ」さん企画。


緊急!!「ドリアン」・と・なぜか「クサヤ」を食す会


日時: 6 / 3 (水) 21:30~


集合場所: 多摩川、釜の淵公園駐車場


参加費: ¥500 持ち込み自由。(私は勝手にコーヒーを持って行きます。皆で飲みましょう。)

内容: イル・テンポ・ボーラさんが、ドリアンを振舞ってくれます。あとクサヤもネ。
     ボーラおばさんの、お口直しバナナパウンドケーキも付いております。
     前企画の主催者が、シュールストレミングを持ってきてくれます。焼いて食べるそうです(泣)。
     前回、食べ逃した方は是非!!


参加方法: 「ねじまき雲」もしくは 「イル・テンポ・ボーラ」080-3010-0496までお申し込みください。




*注意!! 持ち込み自由ですが、アルコールはお避けください。死ぬ可能性があります。
         イベントの前後数時間も、お避けください。
     




常識的なものの考え方をしていては、

見えてこない大きさというがあります。


ネコが小さいのか。ナスが大きいのか。クッションが小さいのか。



今日も、ネムは丸くなって夢の中。


まるで、ダンゴムシ。と思いました。


くるぶしが、このネムを見て、

「ほ~んと、ムカデみたいなネコ。」と言いました。


・・・・。ムカデ!?どこが???


常識的な考えでは、見えてこない想像力。




今日、数ヶ月ぶりに、山へ。

奥多摩、三頭山。


土を踏み、

滝しぶきを浴び、

茂る葉の香を吸い込み、

木の肌をなぞる。

すれ違う、名も知れぬ人に「こんにちは」を、言う。


ポッカリと開いた何かを、埋めてくれる気がする。

明日もまた、活きようと思う。

R0011232.JPG










すべてのカタチや、色は不思議に満ちている。

ほんの小さなイノチにも

人の手では追いつけないほどの美しさが、ある。


R0011228.JPG










山の上で、ごはん。

枯れ枝を削りハシを作る。

舐めれば、木の味がする。


R0011231.JPG









山の上でコーヒーを。


生姜水を入れた水筒のコップに、洗わず注ぐ。

多少味が混ざってもネ。ワイルドに。

富士山眺んで味わえば、最高の贅沢。


R0011236.JPG












「木を見て、森を視ず。」

今回、一緒に登ってくださった方からいただいた言葉。


近くでしか見ないと、見えるものも、見えなくなるのかも、しれません。


山に分け入るより、入らないほうが

木の根を荒らさないで済むのかもしれません。

それでも、入らないと得られないものも在りますので、

彼らの棲家に、足を踏み入れさせていただく時は、


トチの木、ホウの木に、

カツラの木、ナラの木に、

カエデの木々、ブナの巨木に、


感謝しながら、登りましょう。



午前2時を彩る食卓。遅い、夜ご飯。

常連さんからいただいた奥多摩のセリを使って
塩こんぶと混ぜ込みごはんに。

フワリ、

採れたての、

山の、緑の、香りが、

備前の椀に生えています。



同じく常連さんからいただいた、手作りこんにゃくを使った
お味噌汁。

出汁をとったニボシや昆布を、酢醤油と胡椒で和えて、
贅沢なつまみ食いをするのが、私の密かな喜び。


R0011199.JPG











最近、毎日キャベツを食べています。
コレもお客様からのススメではじめたこと。
体内環境を整えます。

本日は、春キャベツに青梗菜やトマトを加えて温野菜。
オイスターソースで、磯の旨味をトッピング。


我が家は、お店だけではなく、
私のお腹もお客様のお世話になっておるのです。
ほどこしを受ける、修行僧のおももちでありんす。


あぁ、美味しかった。ご馳走様、お休みなさい、ごきげんよう。


お馴染み、よく寝るネコのネム。

まぁ、変な寝方をよくします。

足を抱え込んでまで・・・・。

体操選手になった夢でも見てるのでしょうかネ?


去年、ブルーベリーをネ。


お家の中で育てたんです。

青梅なのにネ。
車通りが多くて、庭植えできないので。

でも、青梅の山の土を使ってはいるのですけど。

もちろん実はつかなかったのです。

そりゃ、風も、虫もいない環境では
受粉できないからネ。当たり前です。
ちょっとは自家受粉したんだけどナァ~。

なので、今年はファーマーくるぶしが、こまめに
ベランダで世話しているのですが
先日の豪雨で、
折角ついた実が、落ちました。


こうして、自然は弱いものを淘汰していくのでしょう。

くるぶしは、かなりショックなご様子でしたが、
こうして人は収穫の有難みと、自然のバランスを
学んでいくのでしょう。


・・・・もっと都心に住んでたころ、庭に野菜植えてたときのほうが、
世話なしで実が収穫できてたのになぁ~。



あるときはファーマーくるぶし

あるときはバリスタくるぶし

そして、あるときは

リフォームの匠くるぶし。

豆柄てぬぐいキラリと光る。
ベニアを切る姿も様になってきたようです。


建築を学んでいたそうですが
不可能建築を設計するので有名だったらしい。

建築家にならなくて良かったような見てみたかったような。


あっ!?

なんだコレ?


R0011053.JPG








アップしてみると

ネムでした。


ネコはひだまりが好き。


ひだまり、こまり、ねこだまり。



二階のキッチンを青く塗って
真鍮の取っ手を付けました。





これが物語りのキッカケになった

螺子を巻く、リアル「グスタコ」です。

後ろにフーミンさんも見えるレアなショットですネ~。

ねじまき雲では、時々場所を変えて
あちこち出没しますので
探してみてください。


リアル「チョッパーじいさん」。

実物はやっぱりカッコイイですネ~!


オールドチョッパーなので、すべてのパーツが
鉄で出来ているそうです。グッときます。

高速で走るとバラバラになっちゃうくらい振動が
激しいそうです。

けっして便利ではないかもしれないけど、

「生きてる」って感じられる機械には、

共に歩んでいけるような愛着がわくものです。


特に、期待されてるわけでもなく長々と書いてる
この、「螺子巻き塔のグスタコ」という物語。

お気づきかとは思いますが

登場人物は皆、実在しているお客さんがモデルです。
私の勝手なイメージなので、似てない人もいます。

登場人物のひとり、「フーミン」は常連さんの銅板作家さんです。

なんと!フーミンさんが面白がってくれて、リアルに物語を再現してくれました。

それがコチラ ↑

カッコイイですね~。

グスタコも肩に乗ってます。


よく海外に行くお客さんが
フィンランドみやげに

世界一まずいと評判の
サルミアッキというお菓子を
持ってきてくれました。

いろんなタイプを
ご馳走してくれましたが
どれもパッケージのデザインが
かわいいんですよネ。

真っ黒いグミのような飴で、子供たちに大人気!だそうです。

味は、うがい薬にケシゴム混ぜた感じ・・・・わかりませんよね(笑)。
平たく言うと、苦いんですね。

しょっぱいのもあれば、アブサンっぽいのやメントールが利いてるのもあります。
どうやら甘草系のものが主成分らしいです。

写真は一番ましで、素直に科学的に甘い、スティックタイプの飴ちゃんです。
真っ黒の筒の中にストロベリー色の甘いのがつまっていました。

フィンランドの子供の味覚ってどうなってんのかしら?
ムーミンもサルミアッキが好きなのかなぁ。


何でも枕にします。

ネムです。

枕がえしに会わないように注意!


ウチにはぐうたらネコがおります。

赤ちゃんのころから寝てばっかりなのと、
私が合歓の木が好きなので
ネムと名づけました。

今や、ネムというよりデブです。

人の手を枕にします。

くるぶしの手が轢かれております。



とどけたい歌がある。


とどけたい音がある。
 


とどけたい風景がある。



想いは、

心から好きなカタチで

とどけよう。


嘘のないコトバで

とどけよう。


100人の中の100人にではなくとも

100人の中の大切な1人に


とどけばいいコトバがあるから。


1つぶのタネは、いつか

雨のしずくで

1000の木々になる。


誰かにとどけたいことは

自分にとどけたいこと。


たくしたい願いをしずくに籠めて。


とどけたいヒトシズクがある。




来年、また、彼らのステキなライブが

聴けることでしょう。新しい産声とともに。

「しずく」という素敵ユニットのお話し。



さいきん
深夜、テレビをつけると

ゴルゴ13がやっている。


デューク東郷は完璧な男。
仕事もエロシーンもたんたんとこなす。

眉毛と目じりが濃い目の、角刈り東洋人。

同じ凄腕ガンマンでも
ルパン3世の次元大介は

お気にの帽子が無きゃ
銃すら撃てない。

という設定も
できちゃう頼りなさ。

でも人情味の厚さは
ルパンにとって一番の頼りだろうネ。

私は人間くさい次元が好き。

きっとゴルゴと次元がやり合えば
次元が勝つ。


・・・とイイな。
c a l e n d a r
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
p r o f i l e
HN:
ネジ
年齢:
40
HP:
性別:
男性
誕生日:
1977/03/05
職業:
自家焙煎珈琲店
趣味:
写真・自転車
自己紹介:
nejimakigumoをフォローしましょう
ブログ内検索
c o u n t
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]